アイサイトを比較

 中古車を買おうかと思っていて悩むのがその装備。

 特に、アイサイトとかVer2とVer3の違いとか。

 この種の装備は年々よくなってきていますので、もし自分が買うならVer3が付いているやつを買いたい。
 かといって、Ver3が付いている中古車とかってまだ高いですし。
 Ver3は、アクティブレーンキープが有るので、高速道路を使った長距離走行では安心感が有ります。
 他にも色々な機能がついているので、どうせ買うならVer3の方が満足度は高い。
 問題は予算ですね。
 
 この場合、いくつかの選択肢が出てきます。
 新車を買わずに、試乗車上がりや展示車上がりを買って少しでも安く。
 もしくは、新車を安く買う♪

 いずれにしても、型遅れになっているVer2の中古車を買おうかと思っている人にはかなりの予算オーバーになってしまう可能性が有りますけれど・・・。
 ローンを組むと、その金利だけでも家計をかなり圧迫します。
 新車を買ったり中古車を買ったりする場合、車関係の月々の支払いがどの位になるか、或はどの位削れるかを調べてみるのも良いと思います。

 車を買う時に金利って意外と気にしない人が多かったりしますが・・ディーラーの金利は返済期間にもよりますが、4%~10%と言ったところでしょうか。
 これが、銀行の自動車ローンだと2%とかも有ったりします。
 ディーラーが銀行をやっている訳ではないので、差額ディーラーの懐に入っていく訳で、これは結構大きい。

 ローンを組むなら、ネットで地元の信金とかを探してみましょう。
 もしかしたら、ディーラーでローンを払うよりも月々の支払いが大分安くなるかもしれません。
 
 もう一つの節約法は・・自動車一括査定を使って、自分の車を「競り」にかける事。
 これだけでディーラーで車を売るよりも10万円以上高く売れる可能性もあります。

 その他にトータルコストを下げる方法としては自動車保険の見積もりです。
 自動車保険って、毎年同じところに頼んでいたりしませんか?
 相見積もりすると、もしかしたら凄く安く済むかもしれません。
 もし、車関係のトータルコストを下げようと思ったら試さない手はないです。

 

 あとは、敢えて不人気色の中古車を狙う。
 中古車は、需要と供給で成り立っていますから、少しでも安く買って乗り潰す気なら、不人気車種とか不人気色を狙うのが美味しいと思います。
 アイサイトはスバルの看板ですからなかなか不人気色とかは無いかもしれませんが、一般的には200万程度の価格帯であれば20万円位差がついたりしますので、バカに出来ません。色々調べてみたいところですが、これがまた面倒臭い人も居るかと思います。
 そんな人にうってうつけなのがなびくる+です。
 なんと、登録しておくだけで自分の希望の車を探してくれます。

 インターネットに流れる前の車を業者間取引で探してくれたりするので、もしかしたらより安い中古車を狙える可能性もあります。