エンジン添加剤って

 以前、バイクに乗っていた頃は結構オイルに凝っていて、カストロールとか色々使っていましたが、ガスケットを添加剤が攻撃してしまうとか聞いてから、純正に拘るようになりました。
 化学合成油とか、本当に使わなくなりました。
 当時はリッタ2600円もするオイルを入れていたりしたのですが、今ではそんな事していません。

 最近では、ディーラでも「半年ごとにオイル交換をして下さい」とか言う時代ですし、色々考えさせられます。
 先日、車の1ヶ月点検に行ったら「半年後にエンジンオイルの交換を」って言われたので、どこのディラーでも言っているのかも。
 「メーカーの推奨は1年なんですけれど」って言ったら「ディーラーの立場としては、半年後の交換を推奨しています」だって(;’∀’)//
 私の場合は、前に乗っていた車のエンジンオイルはメーカー推奨通りの期間で何の問題も無かった。
 それ程走っていない時はオイルも超綺麗な状態だったので、メーカーの推奨期間で何の問題も無いのだと実感したのに(T_T)

 今回私が乗っている車は、エンジンが前の車と同じ形式なので、何の問題も無く乗れるはず。
 で、前回乗っていた車に使っていたオイル添加剤がマイクロフロンとマイクロセラなので、今回も入れる事にしました。
 殆ど違いは分からないと思いますが、結構余っているので・・・。

 以前の車に入れて10年以上何の故障も無かったので、少なくとも害は無さそうです。
 そういえば、U14にも入れていました(;’∀’)