ガソリンスタンドが無くなる

古い貯蔵タンクからガソリンが漏れる事故が有ることを受けて、今月中に40年を超えるタンクを交換しなければガソリンスタンドの営業ができなくなる事態。

およそ500万円ほどの費用負担に耐えられずに2000件程度廃業するらしいですが、そういえば、今の車になってガソリンを入れる機会が減っています。

確かに省燃費の車が増えるとガソリンスタンドが減る。

当たり前の理屈ではありますが、過疎地では大問題なのかも。

もしくは、車で遠出したときに延々数十キロガソリンスタンドがないなんて言う事態も想定されますね。

電気自動車が増えてきていますし、数十年もすれば「昔の車って、ガソリンを直接燃やしてたんだって・・しかも、自分でブレーキかけて、遅れると事故っちゃったんだって」なんて言われる時代になっているのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください