サングラスも結構良いけれど、もっと逆光に強い方法が!

 サングラスをしていても、モロに太陽に向かう時は結構眩しいもの。
 で、モロに太陽に向かって走る時って、結構事故が多いようで、衝突防止装置も効かない可能性が高いとも言われています。
 で、元々トラックに乗っていた私がやっていたのが、ヒサシ付の帽子。
 帽子で調整して、太陽ギリギリまでヒサシを持ってきて遮ります。
 車には、今でもヒサシ付の帽子を積んでいますし。
 
 サングラスは均等に光量を減らしてくれますが、逆光ではそうもいきませんし。
 帽子のヒサシを使っても逆光状態から抜け出せない時は、車を止めて休むのが一番だと思います。

 やはり、事故ってしまったリスクを考えたら、安全運転で行きたいところです。