使って分かったドライブレコーダーに欲しい性能はズバリこれ

 
 うちの車にもドライブレコーダーが付いていますが、既にこの世界では古く、数年前の品です。
 ドライブレコーダーに最も必要とされている性能は、やはり信頼性。
 どんな事故でも確実に記録を残してもらいたいですから、これが一番なのは間違いないと思うのですけれど、それ以外にも実際に使ってみるとこんな事が気になったりします。

 ドライブレコーダーの画像を見た事がある人なら分かるかもしれませんけれど、決定的瞬間に信号の色が分からないケースが。
 ドライブレコーダーもカメラの一種で、シャッタースピードと絞りで適正露出を出している訳で、そうなるとシャッタースピードがすごく速くなると、LEDは点滅していますから、点滅の間の消えている瞬間を捉えてしまう事になります。

 これからはドライブレコーダーもフレーム数とか信頼性とか、色々な要素で選ぶ時代なのかも。
 個人的には最新のドライブレコーダーに買い替えようかと思っています。

 

 ドライブレコーダー自体に先行車が走り出したら教えてくれる機能とか、車線をまたぐ警告を出してくれるモノとかも出てきていますので、結構重宝します。

 古い車でも、新しい車に載っている機能をドライブレコーダーを着ける事によって搭載する事が可能。
 しかも、車を買い替えるよりも格段に安いですし。

 最近ではドライブレコーダーを付けた車が本当に増えましたが、純正はまだまだ高いですので、カーナビに着けられるドライブレコーダーとかバイザーやミラーに着けられるドライブレコーダーなら簡単に最新のものに買い替えらえれるので有難い。

 基本的には、カメラとしての性能をドライブレコーダーに求めるのですから、白飛び抑止とか夜間の見え方とかを重視したり、常時録画とかの機能を重視したり、バックモニターとかの拡張性を求めたりしますが、実際に追突事故に遭遇した経験が有るので、追突事故とかの場合でも役に立つものが欲しいです。

 でも、新しい車についている性能をドライブレコーダーに持たせられるのは有難い。
 車線をまたいだ時に警告が出たりするのって、夜中の高速とかでは結構有効だと思います。


 最近のドライブレコーダーには、多機能型がありますから色々と調べてみると面白いですね。