バッテリーの交換

 バッテリーを交換する時は、もしも節約したいなら通販がお得。
 下のバッテリーを地元のカーショップと比べたりしたらその価格差に驚く人も居るかもしれません。
 バッテリーを安く買おうと思ったら通販がお得なケースが多いと思います。
 バッテリーは強力な酸を使っていますし、廃棄もその辺に捨てるととんでもない事になるので、廃棄方法を知っていたり、お店に持って行って処分してもらえる人でないと難しいかもしれませんけれど。

それと、電気関係のチョットした知識も有る方が良いでしょう。
 プラスとマイナスと、どちらから先に外した方が良いか分からない人にはお勧めできませんし。
 ガスも発生する・・かも。
 

 
 と言いつつ、自分はバイクを持ったいたころも含めて何度もバッテリー交換をしています。
 自分でやると車の事もよりか分かるようになって楽しい。
 バッテリーは希硫酸を使っていて、水素が発生して爆発する可能性が否定できませんので、万一の事があっても病院が開いているように医療機関が開いている時間帯にバッテリー交換をするようにしてはいます。
  バッテリー交換は結構危険な作業なのです。
 最低でも長袖長ズボン、手袋、ゴーグルはしてから作業したいところ。

 万一の際には自己責任で何とかできるだけの体制を取ってからやるべきだと思います。
 作業自体は慣れてしまえばごくごく簡単な事なのですが、交換する場合は自己責任でお願いいたします。 

 もっとも、バッテリー交換を何度かすると、そろそろ新しい車が欲しくなる。
 そのためには少しでも自分の車を高く売りたいところなのですが、これが意外と簡単。

 一番高く買い取ってくれると言ってくれたところに買い取ってもらうだけ。

 ただこれだけでディーラーの査定金額よりも高く買い取って貰えたりします。

 買いたい車が決まっていて中古車や新古車を考えている人が居たら、これも最近ではイチイチネットで探すのも面倒な人には買取業者さんが買い取ってオークションに流す前の車を探してくれたりするシステムが有ったりしますので、中古車を探している人には一見の価値が有ると思います。

 何度もバッテリー交換していると、バッテリー交換の時に「そろそろ車を買い替えちゃおうかな」って思ってしまうのは私だけではないと思います。
 バッテリーを交換してから車を買い替えても、バッテリーの交換した分の下取り値が上がる訳でもないですし、そらなら買い替えてしまおうかとか、車検が迫っているから車を買い替えてしまおうかとか、きっかけは人それぞれですが、車自体は高価なものですので、少しでも高く買い取ってもらいたいですね。