一括車査定で本当にC-11を高く売って、新しい車を安く買ってみた

 平成16年式のC11ティーダを売って新しい車の納車待ちをしているのですが、色々と車種も考えてみました。
 個人的にはハイブリッドも考えましたが、ハイブリッドカーは、高いだけでなく、万一の際、救助にEVやHVでは一般の車に比べてレスキューにかかる時間が若干長くなると言われているので、今回はパスしました。

 自分が乗っているペースでは元を取ることが難しいですし、事故の際に救助の方々が感電対策をしなければ救助が出来ないとかの状況を自分から作る必要も感じませんでしたし。

 もちろん、ハイブリッドカーにも凄くメリットがあって、その一つはガソリンを給油する回数が大幅に減る事。
 これは、ガソリンスタンドまで遠い人には結構なメリットなのではないかと思います。
 ハイブリッドカーでお金で元が取れなくてもこういうメリットがあるならHVも全然有りの選択肢になると思うのですけれど、私の地元はガソリンスタンドが数百メートル以内に複数あるので、気にする必要もなさそうです。

 ただ、帰省の時とかは、ガソリンをこちらで満タンにすると田舎まで550キロくらい無給油で行けるハイブリッドカーが羨ましいという点もあります。
 ガソリンのコストを減らすには、むしろ、ガソリンカード選びが重要なのですが、C-11を車の一括査定でディーラー査定よりも10万円以上高く売れたので、チョピット軍資金に余裕が出来てかなり助かりました。
 査定自体は無料ですので、少しでもC-11ティーダを高く売りたい人にはお勧めしたいと思います。
 10万円の臨時収入は結構大きくて、欲しかったオプションを着ける事が出来てラッキーです。