原付に後ろから突っ込まれた

 以前、宅急便のトラックが右折しようと止まっていたので、私も止まろうかと思ってブレーキに足を掛けようかと面たらドカンと音がした・・。
まだブレーキも掛けず、アクセルから足を上げたとたんにドカンと・・何が起きたか分かりませんでした。
 取りあえず、ハザードを出して車を左側に寄せて車を降りたら原付が後ろから突っ込んだらしい(;’∀’)
 これ、実話なんですが、私の真後ろを、車間距離ほぼゼロで走っていたんだそうで( ゚Д゚)
 
 この話を知人の整備屋さんに話したら「事故車ではない」んだそうで、一安心。
 バンパーにドカーンと来ても、相手は原付だし、こちらも前に動いている所を突っ込んできただけですから、フレームまで行っているとは到底思えません。

 で、事故車って定義が難しいですが、フレームまで行っているかどうかが一つの基準になるようです。
 いわゆる修復歴がある車とか・・
 で、問題は、事故車って買ってもらえるのかどうか。
 こればっかりはケースバイケースですが、出来れば高値で買い取ってもらいたいのが人情ですよね。
 この場合は、やはりズバット車買取比較とかで一括査定をしてみるのが宜しいかと。

 それでも買い取ってもらえないくらいグチャっと行っちゃっていたら事故車買取の<タウ>で査定をしてもらうのが良いでしょう。少しでも車を高く売って、次の車の軍資金にしようと思ったら、この辺は頑張ってみたいところです。

 日本ではイマイチな車も、海外に行ったら結構走っていたりしますので、思いがけない値段がつくかも。
 私が乗っていたマークⅡ・・アフリカに行ったみたいです。
 なんだか、ロマンが有りますね。