寒冷地仕様を買うべきか

 車を買う時に迷うのが寒冷地仕様にすべきかどうか。
 自分が住んでいる所が寒冷地なら迷うことなく寒冷地仕様にすべきなのかもしれません。そもそも寒冷地仕様しか売っていなかったりしますけれど、そうでない所で寒冷地仕様にすると、チョットしたデメリットが有る事が有るのです。

 私は、「田舎寒いし( `ー´)ノ」と思って、以前寒冷地仕様に乗っていたのですが、10年ほど乗った時に、ミラーの格納機能が壊れてしまいました。
 ディーラーに持って行って直してもらったのですが、その際寒冷地仕様だったので、部品代がかなり高かった記憶が有ります。

 当然と言えば当然ですが、お金が無かったので結構痛かった。
 寒冷地仕様って、それ自体は普通の仕様と大して差額も掛からずに買えますが、修理の際の部品代が掛かる可能性もあるのです。
 その件以来、自分は寒冷地仕様を止めてしまいました。
 東北地方とかに行く事もありますが、極寒の時に行く訳でもありませんし、普通の仕様で何とかなっています。
 頻繁に寒冷地に行くなら迷わず寒冷地仕様にすべきだと思うのですけれど・・・。
 ヒーテッドドアミラーとか、便利な気もしますし。
 車って、色々な装備が付いていますが、壊れた時のことを考えて買うのが賢いのかもしれません。

 一方で、最近の寒冷地仕様って「発電機が少し大きい、搭載バッテリーが一回り大きい、ラジエターのクーラント濃度が濃い」程度の違いという話もありますが、ヒーターダクトが後ろまで来ていたりする車種も有ったと思うので、高齢者を後ろに乗せたりするなら、寒冷地仕様も有りなのかも。
特に、縦に長い車で、前にしかヒーターダクトが付いていなかったら、後部座席の人は寒いのではないかと・・・。

  蛇足ですが、10年乗った寒冷地仕様車でもそれなりの値段が付きました。
 というよりも、ディーラーで8万円と言われた車が30万円で売れた( ゚Д゚)
 種明かしすると、ズバリ複数業者の一括査定。一社だと買い叩かれる可能性が高くなりますので、少しでも高く買い取ってもらおうとするなら、一括査定がオススメ。