平成16年式C-11ティーダを一括査定に出して・・新しい車が納車されて150キロ乗ってみた

 新しい車を休みを取って昨日取りに行って、そのまま150キロ程乗り回してきました。
 驚いたのがエンジンの進歩。
 同じエンジン形式の車なのに、高速をリッター20位で走る。
 10年以上経って熟成された感じです。
 地方都市の市街地で普通に走ってもリッター12以上走った。
 ティーダだったら市街地ではリッター10位だったと思うので、かなり省燃費になっています。
 ハイブリッドカーにはかなわない燃費ですが、車両価格が安かったので、結構満足。
 しかも、ガソリンタンクが大きいので、満タンにすれば給油回数も結構減らせそうです。
 乗り心地もティーダよりも良いので気に入りました。
 キセノンヘッドライトも着いていますし、結構明るくて夜も安心感があります。
 平成16年式のティーダにも愛着はありましたが、買い替えて良かったと思います。
 ティーダはディーラーの査定では5万円にしかならず、結構ショックでしたけれど、ズバット車買取比較で業者さんを複数呼んで査定をお願いしたら10万円以上高く買い取って貰えて超ラッキーでした。

 おかげで、浮いたお金でディーラーオプションを追加できました。
 今年は田舎に車で帰るつもりなのですが、少々楽しみ。
 ティーダで帰っていた時は、自宅の傍で満タンにしていたガソリンを途中で給油しなければいけなかったのですが、今度の車では給油しないで田舎まで帰れそうです。
 燃費が良いと給油回数が減らせますので、これはこれで有難い。
 ティーダを10万円高く売ったという事は、ガソリン代に換算すると700リッター位に匹敵するかも。
 ガソリン単価にもよりますが、これって凄く節約した気になります。
 次回車を買う時も車の一括査定はやると思います。
 チョットした手間でこれだけ違ってきたのを実感しました。