新車を安く買う

 新車を安く買うには、色々な方法が有りますが、ディーラーに行って車を買う場合、ディーラーに嫌われてしまったら車を売ってもらった後のお付き合いが大変。

 別なディーラに行っても良いですが、新車を買ったディーラーとは仲良くしておいた方が無難です。
 要するに、せっかく新車を買うなら、嫌われるお客になる事も無いのではないかという事。
 そうすると、用品値引きとかを本体値引きのほかに交渉したり、人によってはガソリン満タンをお願いしたり色々しますね。
 でも、一番トータルで新車を安く買おうと思ったら、数万円のカット「攻防」よりも、下取り車を一括見積に出す方が高く買い取ってもらえる確率がグッと高くなりますので、より安く車を買ったのと同じことになります。

 先日も知人にズバット車買取比較の愛車一括査定を勧めたら、8万円の下取り車が26万円まで上がったそうで、17万円の査定額UP。
 これを値引き交渉でこれだけ引いてもらうのはかなり大変です。

 車を安く買うなら、トータルなコストで計算すると良いでしょう。

 月々の支払いが車に乗っている以上発生するので、ガソリンカードとかも持っていたら有利。
 車関係のカードも色々と考えてみましょう。
 年間トータルのコストが変わってくるかもしれません。