歩行者対応の衝突防止装置

 カローラやオーリスにも衝突予防関係の装置が付くようになりました。
 これはこれで非常にありがたいのですけれど、やはりスバルのアイサイトの歩行者対応の衝突防止装置に目が行ってしまいます。

 マツダのもそうなのですが、歩行者に対応していないのが難点と言えば難点。
 というよりも、今買った車にこれから10年乗るとして、5年目くらいには衝突防止装置が当たり前になってきていると思うので、そうなると、相手も衝突防止装置を持っている可能性がドンドン高くなる。
 衝突防止装置をお互いに持っていたら事故を起こす確率が低くなる事になると思うのですが、歩行者は衝突安全装置を持っていない訳ですから、歩行者向けの衝突安全装置を搭載している車が欲しくなってきます。

 考え方は人それぞれですが、車を買う場合、個人的には10年くらい先を見越して買っておきたいので。
 バックの際に車が横から来ている事を知らせてくれる装置とかも重要なのですが、それがもし人だったら・・・。
 バックの際の死角とか、駐車場での歩行者事故って怖いので、対応した車が欲しくなります。
 以前、私の後輩が駐車場で車にはねられたことが有ります・・その場で110番しました(;’∀’)

 というわけで、これから車を買うなら、自分ならアイサイト付きの車が欲しい。
 ただし、アイサイト付きの車って、2リッター以上の排気量が無いといけないので、お値段もそれなりに上がってしまう関係上、新古車レベルの中古車でも別にかまわないとか思っています。

 今は欲しいタイプの車を登録するだけで、非公開車両から業者が車を探してきてくれるサービスも有りますので、意外と簡単に自分が欲しいタイプの車を探せるようになりました。
 以前の様にネットサーフィンしまくる手間が掛からなくなって便利。


 また、今自分が乗っている車を少しでも高く売って軍資金を稼ぎたいなら、車買取比較サイトで自分の車を査定してもらうのもアリかと。
 意外と自分の車が高く売れたりするのでオススメ感が有ります。
 特に、今は円安傾向にありますので、海外に日本の中古車が沢山流れている訳で、業者向けのオークションには海外のバイヤーが多数参加して車の値段を押し上げています。