ハイブリッドカーってお得なの?

 新車を買うと燃費がとても気になります。
 リッター10㎞走る車と11㎞走る車だと、ガソリン代が結構な差になると思うのですが、リッター35キロの車と36キロの車だとあまり差は感じないかと。
 先日、某所で超高級車に乗る機会がありましたが、リッター4キロだそうです。
 リッター3キロの車と4キロの車だと2割くらい燃費に差がある感じがしますので、同じ1キロの差でも重みが全然違います。

 ハイブリッドカーとそうでない車を比較してみると・・走行距離にもよりますが、カタログ燃費の通りだとしても、車を買い替えるまでのガソリン代はそれ程の違いはない範囲だと思いますし、実燃費だったらもっと差が詰まると思う。
 何が言いたいかというと、省燃費もある程度まで行くと少しくらい燃費が悪くても、より楽しい車とか快適な車も選択肢に入って来ても良いのではないかという話です。

 個人的には年間1万キロくらいしか走らないので、年間のガソリン代は16万円位になっていると思うのですが、新しい車に買い替えてガソリン代が半額になったとすると結構大きいですけれど、その先の燃費をあまり突き詰めてもそんなに変わらないのではないかと思えるのです。

 3.11みたいにガソリン自体が手に入らない場合は、燃費が良い車というのはかなり重要ですけれど、アチコチでガソリンスタンドに行列が出来る事態を見ると、燃費が良くても乗る気になれなかった。
 むしろ、ディーゼル車の方が役に立ちそうな気がします。

 いずれにせよ、個人的には燃費競争も良いかもしれませんけれど、少しくらい燃費が良い車を探すより、むしろズバット車買取比較とかに出して車を10万円高く買ってもらうとかの方がお金が浮きそうな気がします。

 自分の乗り方だと、ヴェゼルの方がヴェゼルハイブリッドよりも安く買えますし、トータルコストで見てもまず間違いなくガソリン代でひっくり返ることは無い。
 余計な機構が着いていない分だけ故障の確率も減りそうな気がしますし。
 あと、気になるのは余計な機構が付いている分だけ故障率が増えるのではないかという事。
 トヨタとかでは中古車にもいろいろ保証を付けたりしていますが、逆に買う人の不安の表れなのかも。故障しない方が良いに決まっていますし。

 今はなびくる+とかを使えばネットで簡単に自分の希望に合った中古車を業者が探してくれるのでかなり便利になりました。
 なびくるなら、試乗車とかを安く売りさばこうと思ったりして業者間のオークションに流している車をGET出来たりするので、もしかしたら程度極上の中古車を探せちゃうかもしれません。