車のオイルシールを考える

 昔、バイクに乗っていた時に色々ありましたが、腰下と腰上のオイルシールが破れた時はショックでした・・。
 破れた理由は、今にして思えばオイルだったと思います。
 今はそんな事ないかもしれませんが、オイルシールの攻撃性を考慮していないオイルがたくさん出回ってたのだと思います。
 先日、後輩の軽のルシールが破れたと困っていましたが、これも、化学合成油を奢っていたが故なのではないかと思うのです。
 後輩に「化学合成油入れてなかった?」って聞いたら「入れていました。」だって。

 特に、中高を買おうと思っている時って、こういうのが重要になってくる気がします。オイルシールが壊れたら困ってしまいますので、なるべく純正を使っている人から買いたい。出来れば、試乗車上がりとかの新古車クラスの方が安心感が高いですね。
 私個人としては、やはり自分の車を業者の相見積もりで少しででも高く買って、予算が許す限り高年式車を狙いたい。
 同じ年式でも、展示試乗車上がりってお得感が大でお勧めです。