車の塗装

 車の色って結構重視する人も多いと思いますが、あまり珍しい色にすると、万一ぶつけた時にお金が余計に掛かる可能性が有ったり、ムラが出来たりする可能性も・・。
 塗装自体は日焼けして少しづつ色が変わってきますので、経年変化の色に合わせて塗料を調合して色合わせをするわけですが、2~3年で、最初に合っていた色が違ってきたりする事も(;’∀’)

 車を買う前からぶつけた時のことを考えても仕方ないですが、以前パールホワイトの車に乗っていた時は、経年劣化でバンパーの色とボディの色が違ってしまった事が有ります。
 結構違ってしまっていて、格好悪くなってしまい、それに耐えられなくて車を売ってしまいました。

 黒系かシルバーにしておけばよかったと後悔しましたが、こればっかりは仕方ない。
 車自体は必要だったので、新しい車を手に入れるために少しでも下取り値段を上げようと一括査定を使いました。
 ディーラーで8万円のバンパーとボディの色が違っている車がなんと22万円で売れました。
 正直びっくりしたのを覚えています。
 やった事といえばネットで依頼出して、各々の業者さんに見積もりしてもらっただけですから。
 無料の一括査定で14万円も差が出たら・・すごくお得感が有りました。
 


 
塗装の場合、素人がヘタに手を出すと下取り値段に悪影響する事もあるので、慎重にやりたいものです。
そうはいっても、鉄板がむき出しになるくらいぶつけてしまったら、プロに出すなり自分でやるなりして、いずれにしても錆びない様に対応せざるを得ないと思いますけれど。