車の省燃費を真剣に考えてみた

 個人的な話ですが、私は元々トラックに乗っていたからかもしれませんけれど、わりと燃費にはシビアなほうかもしれません。
 燃費に関しては、私の感覚で言うと、酔わない運転というのが一番燃費が良くなるのかなという気がしています。

 横Gも含めて極力カクカクしない運転と言えば良いのでしょうか。

 それと、車を軽くする事。
 積み荷を積んだトラックと空荷のトラックでは加速もブレーキ性能も、もちろん燃費も全然違う訳で。
 
 同じことが乗用車でも言える訳です。
 以前、小柄な叔母を乗せて500キロ程走った時、いつも一人で走っている時にたどり着けたガソリンスタンドまで着かなかった事があります。
 体重は怖くて聞けませんでしたが、おそらく50キロくらいだったと思います。
 少しでもガソリンを節約するなら単純に不必要なものは下ろす。
 アクセルワークやブレーキに気を遣わなくても、モノを下すだけで燃費は変わるはず。
 微々たるものと言えば微々たるものではありますが、やらないよりは良いと思います。
 ガソリンを満タンにしないというのも方法の一つ。
 以前乗っていたランクルは、軽油が100リッター位入りましたから、90リッター位を給油した時は、重くなってるのを感じる事が出来ました。

 都内でチョコチョコと乗る分には半分も入れておけば用が足りる人も多いかと。
 もっとも、ガソリンスタンドに行くために走ってしまったら少しくらい燃費の節約をしても意味が無いかもしれません。
 こんな事を考えていると、やはりガソリンそのものを安く給油できるENEOSカードとかを使った方が良いでしょう。
 もちろん、地元にエネオスがあればの話で、それぞれ地元のスタンドのカードを作っておいた方が間違いなくお得。



 
 わざわざ安いスタンドまで行く場合は、その分のガソリン代をPAYできるか計算する方が良いともいます。
 2キロとか離れていると、往復で4キロとかになってしまい、その分の時間もかかりますし。