黒い内装と白い内装

 以前乗っていたC-11ティーダは白い内装でした。
 今回買い替えた車は黒い内装。
 やはり、夏場は来るなの中の温度上昇が大きい気がします。

 車を買い替える時、次も白い内装にしようかと思っていたのですが、白い内装って、材質が違う場合には同じ色褪せのしかたをしないので、材質によってまだらになって見えるのがどうにも気になっていました。
 それでも、10年以上乗った車ですから仕方ないのかもしれませんけれど、紫外線の力を実感する事になってしまいました。
 そんなC-11ティーダでも、ディーラーの下取り価格よりも10万円以上高く買い取って貰えたズバット車買取比較にはとても感謝しています。

 黒い内装だったら、もう少し高く買い取って貰えたのかもしれません。
 
 そんな事もあり、自分は今回黒い内装を選んだのですが、夏場はかなり暑くなりそう。
 エアコンの中身も夏前にシッカリ掃除しておきたいところ。
 出来るだけバラして有機物を取り除いておく方が健康的な「車内生活」を送れそうな気がします。
 自信がない場合は、ディーラーにお願いするのも良いでしょう。
 毎日車に乗っていると、自分では気が付かない匂いが車の中を循環している事にもなりかねませんので、長く乗る車は内装の掃除をマメにした方が良いかもしれません。