C-11ティーダに11年乗ったらどのくらい費用が掛かったか

 平成16年式のティーダから別な車に乗り換えた訳ですが、一体トータルでどの位かかったのか・・当時はを買ったので、当時の記録を見てみるとおよそ170万円程。
 車両本体自体はもう少し安かったのですが、カーナビを着けたり、長く乗るからとスピーカーを買い替えたりしましたので、少々値段が嵩んで、トータルで170万円程掛かりました。
 なお、買取査定ではカーナビは¥0-(;’∀’)
 データーの更新も既に無いので、全く評価されませんでした。
 純正でないスピーカーも評価¥0-(;’∀’)
 買取店の人曰く「純正のエアロとかが付いているともう少し評価が上がるのですけれど」と言っていました。
 大人しめのティーダでも純正のエアロが付いていると評価が上がるのですね。勉強になりました。

 そんな話なので、カーナビはどこかの買取専門店に持って行く方が、いくらかでも買い取ってもらえたのかもしれません。
 車を売った後動作確認するのにはAC-DE変換器に接続したり・・結構面倒なので結局やりませんでしたけれど。
 むしろ、マイナス査定が殆ど付かなかったのが幸運でした。
 車を買い替える際ディーラーの査定では5万円程度ですので、もしもそのまま査定に出していたら、年間¥150,000-ですが、ズバット車買取比較で業者さんに買取をお願いしたら、およそ15万円以上になりました。
 これを年間に直すと、およそ¥140,000円になります。
 この差額分をうまく次の車を買う軍資金に当てている訳で、ローンを組む場合は差額が頭金になるので、頭金の額が大きいと金利分も含めて違ってきます。
 ローンについては、ディーラーのローンよりも地元の信金とかでやっているローンの方が金利が安い事が多いので要チェックですね。
 このほか、任意保険は私の場合は¥60,000-以上年間かかりますし、自動車税もそれなりに掛かりますから、車って結構金食い虫だと思います。
 自動車保険も年間で考えるよりも、カーライフ全体で10年くらいで考えると、通販型自動車保険の方が遥かに代理店型よりも安く保険に入ることが出来るので、人にもよると思いますが、年間3万円程度は浮かせる事が出来る訳で、そうすると、こちらも10年間で30万円お金が浮きます。
 毎月分割で保険に加入している人には、これに金利が結構掛かるのでバカに出来ません。
 私は代理店とお付き合いがあるので難しいですが、そうでなければ自動車保険の一括見積で安いところを探していると思います。その際に、自分なら弁護士特約とかも付けておくと思います。
 先日車を売って、カーライフも10年単位で改めて色々考えると、同じ車に同じように乗っていても保険と売り方を工夫するだけで数十万円の差が出てしまう事も有るのだと実感しています。
 値引き交渉をしていく中で、さらに数十万円値引き交渉するのは至難の業ですので、細かいところを積み重ねて少しでも余裕があるカーライフを目指したいところです。