CVTが故障すると莫大な修理費が

 知人がCVT壊してしまって・・既に新車の特別保証が切れていて、なんと修理代が40万円位したようです。 
 私のC-11ティーダはスポーツモード部分のスイッチの調子が悪かったのですけれど、それでも修理代の見積もりをしてもらった時には3万円ほど掛かると言われました。
 スポーツモードのスイッチの調子が悪いので、エンブレをあまり使えなかった。
 先日車買取比較に出した時にはキチンとお話して売りましたけれど・・
 
 調子の悪さを感じて新車保証が残っている車に乗っている場合は、少しでも調子が悪くなったらディーラーに持ち込んで観てもらう方が後々を考えると良いと思います。
 CVTが壊れてしまうと車としての機能が果たせなくなるので大騒ぎ(T_T)
 機械物には自然治癒とか通常有り得ないので、後で後悔するのが面倒だからと特別保証前に調子の悪さに気が付いていて、放っておいたら特別保証が切れているケース。
 私自身これをやってしまった事があります。
 ディーラーに持ち込んだのは良いのですが「ちょっとよく分からないので、しばらく様子見て下さい」と言われて「様子を見ている」うちに、特別保証期間が切れていた・・・(T_T)
 
 新車保証の対象になる部分は「エンジン系などクルマが走る・曲がる・止まるに関わる重要な部分については「特別保証」として他の部品より長い期間保証します」となっていて、保証期間は「5年または10万キロの早い方」(日産自動車HPより)という事ですので、調子が悪くて2回目の車検前だったらディーラーに持って行く事を勧めます。

 もしかしたら、タダで直してくれるかもしれません。
 一方で、いい加減な自動車の管理をしていると、特別保証が効かなくなるケースも有るようですので、定期点検にきちんと出すとか、最低限の事はやっておきたいところです。
 CVTが壊れるのは例外かもしれませんけれど、実際に壊れたらかなりショックかも。

 知人はディーラーで下取りの見積もりを出したら「3万円です」って言われたらしい。

 私は「ダメもとで車買取比較に出してみたら」とアドバイスしました。
 結局出してみたらしいですが、やはりディーラーの見積もりよりは高かったようで、少しは次の車を買う足しになったと思います。
 いくらで買ってもらったかは気の毒で聞けませんでしたけれど。